着圧タイツの選び方|サイズ・カラー(色)

着圧タイツの選び方|サイズ・カラー(色) 着圧タイツおすすめ(昼用・夜用)
この記事は約4分で読めます。

最近ではもはや当たり前に使用されるようになっている着圧タイツですが、ここ最近になって非常に多くのデザイン性のある着圧タイツが発売されているのをご存知ですか?
着圧タイツが発売されたばかりの頃には、パンツの下に履いて完全にインナーとして隠して履くことが当たり前でした。イメージとしては補正下着と同類なジャンルとして受け止められていた頃で、もちろん色は黒と肌色くらいしかありませんでした。
その後、少しオシャレなデザインの商品も発売されるようになり、スカートの下に履いて外に外部に見えても良い履き方が広まり出しました。
そして、ここ最近では色も本当に多くの色味が発売され、素材についても種類が発売されています。また、色の濃さを表すデニールも多くの種類が展開されています。

デザイン性が増して種類が増えたことは喜ばしいことですが、着圧タイツを長い間履いてきて方でさえどんな種類があるのか分からずにどれを買ったらいいのか悩んでしまいます。
そこで今回は、主にカラー(色の濃さ)やサイズ、素材について触れつつ「着圧タイツの選び方」を解説したいと思います。

着圧タイツのカラー(色)

私が知っている限りでも、着圧タイツのカラーには無地の黒・肌色の他にも「白・茶色・チャコールグレー・柄付き」があります。
どの色を選ぶかは好みで次第で良いと思いますが、着圧タイツを専門で扱っているメーカーのものになるとやはり黒と肌色がほとんどです。
機能を重視するのであれば、デザインではなくメーカーや圧力、設計などを参考にして選ぶことをおすすめします。
これは着圧タイツの話ではなく『色』についての話になりますが、ストッキングやタイツを選ぶ際に、自分の足の色よりも少しだけ濃い色味を選ぶと引き締まった印象を与えます。逆に、自分の足の色よりも薄い色を選ぶと膨張して見えがちです。
着圧タイツは実際に履いてみないと本当の色が分からないので、店頭で試着ができるものに関しては率先して試着してみることをおすすめします。
補足として、ここ最近では黒色でも「シャドウ効果」という機能がついている製品があります。これは足のサイド部分だけが影に見えるような編み方をしているもので、実際に正面から見ると細く見えます!メイクの原理を利用したものですが、好みの製品にシャドウ効果付きのものがあれば試してみると良いでしょう。

デニール

『デニール』の意味を「色の濃さ」や「生地の厚み」だと思っている方が多いのですが、正確には「繊維の太さを表す単位」のことです。
そのため、デニールが大きくなるほど生地は厚くなり、締め付け効果や保温効果も高くなります。
おおよその指標として、30デニールくらいですと薄めのストッキング、50デニールくらいで透け感と着圧性・保温性のバランスが良いくらい、70デニールを超えてくるとしっかりとしたタイツの色が出て、着圧タイツとしての圧力と防寒効果が高い製品になります。
注意点として、着圧タイツとして有名なメディキュットやスリムフォーク、SABRINAのパッケージ表面には各部位の圧力のみが表示されていてデニールの表記がないものがあります。
自分がデニールを基準に選びたいのであれば、デニール表記がきちんとされている製品を探してみましょう。

サイズ

着圧タイツを選ぶ際に最も重要なのがサイズです。
着圧タイツを履く目的はまさに「着圧効果を得るため」なので、あまりゆるいものでは着圧タイツの意味がありませんし、キツすぎると痺れや痛みなどの副作用が生じてしまいます。
メーカーによって表記の幅も違うため厳密にいうことが難しいのですが、最近ではメーカーの身長・足首の大きさ・その他の目安案内が細かく示されているものも多いので、しっかりと自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

圧力の強さ

サイズ同様、着圧タイツの肝と言えるのが「圧力」です。
最近では「足首・ふくらはぎ・太もも」の3段階で圧力を変化させる着圧タイツが主流になりつつあります。
大体の製品では圧力の単位を『hPa(ヘクトパスカル)』で表記しています。
例えば、SLIMWALKのある種類のパッケージ表面には「足首16hPa,ふくらはぎ13hPa,太もも10 hPa」と表示されています。
おおよその基準ですが、20hPaまでは若干軽め、20〜30hPaは中くらい、30hPa以上になると医療用レベルで強い、と考えておけば良いと思います。併せて、普通のストッキングの圧力が10hPa以下くらいということを基準に考えると分かりやすいと思います。
また、時々『mmHg(ミリエイチジー)』と表記しているものがありますが、1mmHgは1.3hPaですので、参考にしてください。

保温性

着圧タイツを夏場に履き続けるのは暑さの問題でなかなか難しいので、自然と冬場に多く使用されることになります。ですので、保温対策用として用いる方も多いでしょう。
着圧タイツという名称で販売していても、実際には足先が空いている「レギンスタイプ」だったり、靴下のような「ソックスタイプ」という場合があるので、パッケージの写真などをきちんと確認して購入しましょう。
保湿のレベルに関しては、先ほど書いたように「デニール」の値が大きいほど繊維が太くなり、暖かさも増します。同時に色の濃さも増すので、好みのバランスのものを見つけましょう。

まとめ

以上、着圧タイツの選び方についてサイズとカラー(色)、その他の機能別に説明しました。
着圧タイツは履くだけで多くの効果が得られる女性のヒーロー的な存在になりつつありますが、知れば知るほど奥が深いですね。
理想の着圧タイツが見つかること願いつつ、今日はこの辺で失礼します。

タイトルとURLをコピーしました