着圧タイツのデメリット(欠点)・副作用・注意点は?

着圧タイツのデメリット(欠点)・副作用・注意点は? 着圧タイツおすすめ(昼用・夜用)
この記事は約4分で読めます。

ここ数年間で急速に普及して、今では女性の中で知らない人がいないほど有名になっている『着圧タイツ』ですが、履くだけで「①足のむくみ解消 ②骨盤矯正 ③脂肪燃焼 ④足やせ ⑤冷え性改善」などの効果が得られるという夢のような商品である一方で、使い方に気を付けなければ思わぬ副作用を被ってしまうかもしれません。

今回は、着圧タイツのデメリット(欠点)・副作用・注意点について書いてみました。
なお、デメリットとは着圧タイツがそもそも持っている性質がマイナスに働く作用のこと、副作用とは着圧タイツを履いて被る身体的な被害や症状のことを意味しています。
下記に記す注意点を参考にして、着圧タイツで適切な効果を得て頂きたいと思います。

デメリット(欠点)

メリットの裏には必ずデメリットがあります。
そのデメリットについて正しい知識を持って使用することで最高の効果が得られるはずです。
大きく分けると以下の3点がデメリットと言えます。

①痒い(かゆい)・痒くなる

ご存知の通り、着圧タイツは非常に締め付けが強いことを特徴とするタイツです。逆に言って仕舞えば、この締め付けがなければ全く意味がありません。
そのため、長時間履いていると痒くなることが多々あります。
着圧タイツを履いている方の最も多い悩みがこの痒みだと思いますが、こればかりは仕方ないとしか言えません。

②足がチクチクして痺れる

着圧タイツは少しきつめに足を締め付けて圧力をかけることが目的で作られているため、ある程度は仕方がないことですが、その締め付けがきつ過ぎると血行不良に陥り、次第に足がチクチクとしびれるようになってきます。
そんな場合には、使っている着圧タイツの圧力が合っていない場合がほとんどです。
あとで注意点のところでも触れますが、着圧タイツは商品ごとで圧力が全く異なるので、圧力の数値が書いてあるものはその辺りをきちんと判断し、書いてもないものは実際に履いてみて自分に合っているかどうかを正しく判断することが必要です。

③苦しい・きつい

これも着圧タイツが足を締め付けるものだと言うそもそもの性質から、ある程度は仕方がないものと諦めるしかありません。
どれくらい苦しいのかきちんと判断をして、我慢しすぎずに体に合わない場合には使用を中止することが大切です。

注意点

着圧タイツを履く方は少なからず下半身にコンプレックスを抱えていたり、足のむくみに悩んでいる方です。
そのため、より高い効果を求めて以下の失敗をしがちです。
この注意点をしっかり守りつつ、着圧タイツの効果に即効性を求めるようなことはせずに適切な効果を得るよう心がけましょう。
注意点は以下の4点です。

①より圧力の数値のものを求めてしまう

即効性を求めるあまり、どんどんと高い圧力の着圧タイツを求めてしまう方がいます。具体的な数値を出すことは避けておきますが、少しでも違和感が合った場合には使用を中止しましょう。

②圧力が高い着圧タイツを履いたまま寝る

就寝時はほとんど動くこともなく足の血液を送り返すための圧力もさほど執拗としないため、高い圧力の着圧タイツは逆効果になりやすいです。
どうしても履いて寝たい方は、夜(就寝時)用として販売されているものがあるので、そちらを試してみてはいかがでしょう。

③重ね履きをしてしまう

一見すると「そんなことしないよ」と思うかもしれませんが、高い圧力を求めるあまりに重ね履きしてしまう方がいるようです。また、着圧タイツの上に靴下を履いたりすることも出来れば避けた方が良いでしょう。

④長時間履き続ける

一度履き始めると、いつ脱いで良いのかタイミングが分からなくなりやすいのが着圧タイツです。
いつ履くべきか、いつ脱ぐべきかと言う正解はないのですが、やはり丸一日履き続けるのは血行が悪くなる要因になるので避けるべきでしょう。
ただ、どうしても長い時間履いていたい場合には、昼(日中)用と夜(就寝時)用などの用途を使い分けることで対応するか、圧力が上手く調整されている丸一日使えるタイプであれば試してみても良いでしょう。

副作用

上記で書いた注意点を守らないような場合には、ダイエットや健康のために履いている着圧タイツによって健康被害や体に悪い結果になってしまうことがあります。
上記注意点と商品説明書の使用法を正しく守ることで副作用を事前に防ぐことが最も大切なことですが、以下のような副作用があった場合には即時に使用を中止して、症状がひどいようであればお医者さんへ行きましょう。

着圧タイツの使用によってもたらされる副作用は、よく聞くもので以下の症状が挙げられます。
副作用を感じた際にはすぐに使用を中止して、適切な対処を行なってください。

  1. 足がつる
  2. うっ血・血行不良
  3. 頭痛・腹痛・腰痛・筋肉痛・つま先痛
  4. 顔のむくみ・足のむくみ
  5. 体がしんどい・使用前より疲れる

まとめ

このように、着圧タイツは使用法を正しく守れば履くだけで理想の足を手に入れることができる素晴らしいアイテムですが、その反面として使用法を間違えると大きな被害を受けてしまう可能性もあります。
この記事を機に、正しい使用法を心がけていただければ幸いです。

着圧タイツを20種類以上、実際に購入して履き試ししたマニアが選んだNO1着圧タイツを紹介しているサイトです。
2020年最新情報 おすすめ着圧タイツはこれだ!
タイトルとURLをコピーしました